Fashion history+Gothic.

Welcome.

ご案内処。

†はじめまして。

こちらは主に「ファッション史」をご紹介しているサイトです。何故にファッション史?とお思いでしょうが、私は某ファッション専門学校生だったりします。まぁ、授業でファッション史を習うのですが、知識欲が強い私にとって、ファッション史は麻薬みたいなものです。大きいサイズのメンズファッション服など、 最近流行のファッションから、ちょっと観点からずれてバレエで使うアイテムも調べていたりします。

知りたい、範囲が広すぎる…ということで、もうドツボです(笑)それに、表の歴史があれば、裏の歴史(?)あるもので…。もうハマってから1年以上にもなりますが、まだまだ学ぶべきところがたくさんあると思っています。最近は靴にも興味を持ち、靴の歴史なども勉強中。そろそろ就活なので、革靴も必要になりますねー。

ですが、学んでも、忘れてしまえば意味はありません。なので、このようなファッション史のサイトを立ち上げ、記録していくことで忘れないようにしようと思ったのです。

さて、ファッションのお話しになりますが、ここをご覧になられている皆様は、どのようなファッションがお好きでしょうか?
私はゴス系、パンク系が大好物でございます。ゴス3:パンク7くらいの割合でしょうか…。貧乏学生なので、そんなにアイテムは持っていないんですけど。

ファッション史を勉強するにあたって、「ただ好きだから」ということも大事だと思いますが、本当に好きならば、そのファッションの根源を知るということも大事なんだなぁと思いました。ゴスという言葉がどこで生まれたのか、どのようにして普及していったのか…。調べれば調べるほどおもしろいものです。

あ。さっきからゴスゴス言ってますが、ファッション史だけじゃあおもしろくないかなーと思って、自己満でゴスロリファッションの紹介ページも作りました(笑)ロリはするのは抵抗あって無理なんですけど、高級スーツをみたり、はっぴのHOTといったサイトを見るのは大好きです!!(変態)まぁぶっちゃけただのゴシックだと、ちょっと暗すぎるので、通販でカワユスなロリ服を買ってみようかななんて(笑)
帽子やワンピースはやっぱり好きでイッパイ持っていますね。ワンピースは通販で一目惚れで買ってしまう事が多かったりしますが、ワンピースや帽子は何着あっても困らないですね。通販は品揃えも豊富ですし。
後、そろそろ就職活動が始まるのでスーツも考えないといけないです。スーツって固いイメージがあるので今まで手を出してこなかったのですが、スーツはヤッパリ社会人になるには必要ですね。スーツを着るとなると、当然時計も必要ですね。身だしなみ・社会人としてフランクミュラー、パネライなどの高価な時計を着けることで、気持ちは前向きになります。高価なものは購入の際に一歩引いてしまいますが、いざ買ってしまうと気持ちのいいものです。前向きに仕事に取り組めますね。

…。と、そんな感じでぐだぐだつらつらとファッションの歴史を綴っています。なんか某ブックマンみてー(笑)

ではではみなさま、どうぞごゆるりとお楽しみくださいませ。

†注意事項

このサイトに掲載している情報は管理人個人で集めたものであり、正確性については保証できかねます。また、情報の内容は管理人個人的な価値観がかなり入っていますので、気分を害されても責任は取れませ。予めご了承くださいませ。

このサイトの文章・画像・デザイン等は全て無断使用厳禁です。ご注意ください。

†リンクについて

ファッション史のまとめサイト「Fashion history+Gothic.」はリンク・アンリンクフリーでございます。バナーは→をダウンロードしてご利用くださいませ。

なお、直リンクはサーバーの負担となりますので、ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

†サイトマップ


†check

翻訳会社ならサイマリンガル

最終更新日:2014/9/19

Copyright© Fashion history+Gothic.All RightsReserved.